アベクロノミクスの経緯(その27)―アベノリスクへの転換は必然的(追加)

参議院選挙は予想通り自公の圧勝、みんなの党勢拡大、維新の頭打ち、民主の自滅になった。みんな、維新、民主は与党の補完勢力でしかない。野党は期待の生活、みどり、社民がふるわず、機能的に対米隷属勢力となっている共産党が議席を伸ばした。責任は巨大与党に対する責任野党連合の結成に全く努力しなかった民主党の海江田万里代表―細野豪志幹事長にある。人類史に希望の訪れを預言する「ヨハネの黙示録」が成就する前に、「地獄の黙示録」が展開することになる。アベクロノミクスがアベノリスクに転換するからだ。

“アベクロノミクスの経緯(その27)―アベノリスクへの転換は必然的(追加)” の続きを読む