アベクロノミクスの推移(その17)―異常に増える日銀当座預金残高(加筆)

日銀当座預金残高が異常に増えている。これは、量的緩和政策を維持するために日銀が法定準備預金率を上回る当座預金に対して0.1%もの金利を金融機関に与えているためだ。日銀の収益はすべて国庫に入ることになっているが、それだけ日銀から国庫に納付する(歳入部門)日銀納付金が少なくなっているわけだ。

“アベクロノミクスの推移(その17)―異常に増える日銀当座預金残高(加筆)” の続きを読む