仲井真沖縄県知事の都内病院緊急入院は辺野古移設のための謀略工作

沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事が都内の病院に緊急入院した。これは、沖縄知事に普天間基地の辺野古への移設を容認させるための謀略工作だろう。2006年の同県知事選挙における徳洲会の仲井真陣営の鞍替えで辛うじて初当選した仲井真知事は、徳洲会問題で相当な弱みを握られていると見られる。都内の病院に隔離することで、政府筋は同知事に辺野古への移設を徹底的に強要すると見られる。辺野古のある名護市の市長選挙は来年1月19日に予定されており、年内に仲井真知事が認可の可否を表明するのはおかしい。

“仲井真沖縄県知事の都内病院緊急入院は辺野古移設のための謀略工作”の続きを読む