「連邦準備制度理事会(FRB)の量的緩和縮小の見方広まる」は「終末」の動き加速の意味

7~9月期の米実質国内総生産(GDP)改定値が年率換算で前期比3.6%増と、速報値の2.8%増から上方修正され、週間の新規失業保険申請件数が市場予想に反して前週から減るなど「良好」な米国の経済指標が相次いだことで、連邦準備制度理事会(FRB)の量的緩和縮小への動きが強まったことが報道されている。

“「連邦準備制度理事会(FRB)の量的緩和縮小の見方広まる」は「終末」の動き加速の意味” の続きを読む