アベクロノミクスの経緯(その19)―デフレ大不況からの脱却に程遠い景気の現状

本日2013年06月10日に今年第一・四半期の国内総生産(GDP)第二次改定値が一見、良さそうに見えたこともあって、平均株価はそれなりの上昇をした。しかし、1997年度以来の恐慌型デフレ大不況からの脱却には程遠いのが現状だ。

“アベクロノミクスの経緯(その19)―デフレ大不況からの脱却に程遠い景気の現状” の続きを読む