読売新聞社が言論弾圧、広告から「小沢一郎謀殺事件」を抹殺

マスゴミの大手「読売新聞社(ネットの世界ではゴミ売新聞社、と呼ばれている)」がビジネス社の広告から平野貞夫氏が書かれた「小沢一郎忙殺事件」を抹殺するという言論弾圧を行った。オモテでも経済理論・実証的に既に破綻したアベクロノミクスを絶賛するなど理論的に支離滅裂だが、ウラでも謀略を行なっている。さすが、どこかの国の中央情報局の血筋を引いた新聞社だけのことはある。以下、その状況を日本一新の会のメルマガから転載する。

“読売新聞社が言論弾圧、広告から「小沢一郎謀殺事件」を抹殺”の続きを読む