2019年5月21日
  • 新自由主義と共産主義を超克しよう!



政治

東京都知事選挙敗北の原因―共産党が自公対米隷属「右翼」政権の補完勢力として機能

2月9日に投票が行われた東京都知事選挙は、即時脱原発を柱に掲げる細川護煕候補が三位にとどまり、敗退した。前日土曜日の吹雪を伴う大雪の影響で投票率が46・14%で、衆院選と同日選挙だった2012年12月 …

続きを読む

日経平均の暴落で明らかになったアベノミクス破綻と都知事選【追記】

日経平均が大暴落を喫している。2013年の東証大納会で安倍晋三政権は「来年もアベノミクスは買い」と発言、日経平均終値は1万6291円だった。しかし、年明け後は乱高下を繰り返しながら、傾向的に下がり続け …

続きを読む

細川陣営、都知事選の大逆転に向けた秘策は「東京電力解体」(週刊ポスト)

週刊ポスト2014年2月7日号によると、細川=小泉陣営の秘策は、東京電力の解体だそうだ。東電はすでに債務超過に陥っており、市場原理に従えば法的整理のところである。安倍晋三政権と甘利大臣の経産省を筆頭と …

続きを読む

1月27日朝日、原発推進にブレーキかける?―旧メディアは衰退の一途

2月9日開票の東京都知事選挙の序盤の電話調査が本日01月27日の朝日朝刊に掲載されていたので、マア買ってみるかと思い購読した。選挙の予想は「舛添氏リード」というもので、予想された記事ではある。ただし、 …

続きを読む

細川護煕候補の即脱原発声明―即脱原発は日本の経済社会を再建する

 2014年01月13日に東京都知事選挙が告示されたが、その前日細川護煕候補は「即脱原発」を公約の目玉に挙げた。その重要部分を掲載する。東京都は東京電力の大株主であり、東電が首都東京に電力を供給するた …

続きを読む

名護市長選、現職稲嶺氏が再選―安倍政権は即刻500億円を同市に拠出せよ

今年の三大選挙のひとつである名護市の市長選で、辺野古埋め立てを拒否する現職の稲嶺進氏が大差で自民党推薦の候補者を破り、再選を果たした。名護市民および沖縄県民の良識に尊敬の念を示すとともに、政府は自民党 …

続きを読む

細川護熙元首相の都知事選立候補観測で官邸、ネガキャンペーンを開始【追記】

細川護熙(もりひろ、朝日新聞記者出身)元首相の都知事選立候補観測で官邸が慌て、マスコミを使ってネガティブキャンペーンを展開し始めた。その骨子は、①高齢②小沢シンパ③佐川急便問題ーである。しかし、いずれ …

続きを読む

年頭所感・生活の党代表 小沢一郎ー民主主義の「再生」に向けて

遅きに失しましたが、生活の党の小沢一郎代表の年頭所感を転載させていただきます。日本の現状が危機的状況にあることを踏まえ、今後の在るべき姿を展望したものです。

続きを読む

仲井真沖縄県知事、安倍政権=米軍産複合体に屈するか

クリスマスイブが明けた本日12月25日、仲井真弘多(ひろかず)沖縄県知事が隔離されている都内の病院で安倍晋三首相と会い、1月の名護市長選挙の結果を待たずに普天間基地の辺野古移設で合意するとの噂が流れて …

続きを読む

仲井真沖縄県知事の都内病院緊急入院は辺野古移設のための謀略工作

沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事が都内の病院に緊急入院した。これは、沖縄知事に普天間基地の辺野古への移設を容認させるための謀略工作だろう。2006年の同県知事選挙における徳洲会の仲井真陣営の鞍替えで …

続きを読む