2019年2月21日
  • 新自由主義と共産主義を超克しよう!



集団的自衛権

断末魔の安倍政権、退陣は秒読みー消滅した秋の自民総裁選での三選

あの安倍晋三政権の忖度ばかりしてきたNHKでさえ、森友疑獄事件での背任罪(右翼勢力養成学校である森友学園側に対して、国民の財産である国有地を実質的にタダで贈与した罪)を隠すため財務省が、ごみ処理費用で …

続きを読む

戦争法案廃案のために⑫ー河野秘密文書の存在と山形市長選がカギ

昨日2015年9月8日の参院戦争法案特別審議特別委員会で、同審議会の鴻池 祥肇(こうのいけ よしただ、剣道6段 )委員長が職権なるものを使って、戦争法案採決の前提となる公聴会を15日開くことための強行 …

続きを読む

戦争法案廃案のために⑩ー「7・1閣議決定」は自衛隊法76条1項違反で無効

一般に、民主主義に基づく法治国家では、憲法が国家の最高規範であり、その上で憲法→条約→法律の順序で規範が策定される。全ての内閣は憲法はもちろん法律にも規制される。時の内閣が法律違反の意思決定を行うこと …

続きを読む

安保法制案=戦争法案廃案のために④ー法案は安保改悪「日米新ガイドライン」運用のための「口実」(改題)

今回の安保法案=戦争法案は、今年4月に再改定した日米防衛協力のための指針(新ガイドライン)を実行に移せるようにすることが目的で作成された。これが、安保法案=戦争法案の正体である。新ガイドラインは、「極 …

続きを読む

生活の党共同代表の山本太郎氏、米国が「テロ国家」であることを暴露

「生活の党と山本太郎と仲間たち」共同代表の山本太郎が2015年7月30日の参院戦争法案審議会で、米軍がイラクで戦争犯罪である大量の殺戮を繰り返し行なったことを明らかにした。ユダヤ教を奉じるイスラエルと …

続きを読む

安保法制案=戦争法案廃絶に向けて②ー「限定的集団的自衛権」論の欺瞞性【加筆】

参議院で7月27日から安保法制体系案=戦争法案の審議会が始まったが、安倍晋三首相及び安倍内閣は集団自衛権でも、「フルスペック」でなく「限定的」なものなら憲法が認めていると公言してはばからない。ここのと …

続きを読む

「日本一新運動」の原点(225)ー「国連の集団安全保障」と日本国憲法

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観 ○日本国憲法と「国連の集団安全保障」(2)  平成12年に、護憲の神様と称された加藤周一氏と私が、参議院憲法調査会で「国連の集団安全保障」について議論した要旨は前号 …

続きを読む

「1972年の自衛権に関する政府見解の全文」ー日本国憲法による「集団的自衛権」の否定

日本国憲法は明確に「集団的自衛権(要するに、最終的には徴兵制によって日本の国民が、米国の軍産複合体創作の無謀な戦争に駆り出されることによって、犬死にすること)」を禁じている。これを明確にしたのが「19 …

続きを読む

「日本一新運動」の原点(205)―非立憲(ぴりけん)政治は日本を滅ぼす

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観 ○ 非立憲(ビリケン)政治は国を滅ぼす! 憲法上やってはならない政治をビリケン(非立憲)政治という。古い話になるが、大正5年(1916年)10月9日に発足した寺内正 …

続きを読む