• 新自由主義と共産主義を超克しよう!

政治

大歓迎、民主・維新分裂・解党ー生活・民主と維新分裂組・共産・社民で真正野党を

本日11月11日、民主党の細野豪志政調会長と前原誠司元代表、維新の党の江田憲司前代表が民主党・維新の党を解党して新党を結成すべきだとの見解を公式に発表した。大歓迎である。もともと、小鳩の春以降の民主党 ...

続きを読む

安保法案=戦争法案の本質は米国が画策する戦争への強制参加

安倍晋三政権は今週15日から24日までの間に真の世界平和を願う国民の意思を無視し、安保法案体系=戦争法案を強行可決する。野党としては伝家の宝刀として「内閣不信任案」を提出することができるが、宝刀も錆び ...

続きを読む

安倍晋三政権は「カルト政権」ー米国を「神」としひれ伏すだけ

若干遅かったが、衆議院に設置された今回の安保法案体系=戦争法案体系を審議する「特別委員会」で5月28日、ベトナム戦争およびイラク戦争で米国が創作した「トンキン湾事件」、「イラク大量破壊兵器保有」が捏造 ...

続きを読む

細川護熙元首相の都知事選立候補観測で官邸、ネガキャンペーンを開始【追記】

細川護熙(もりひろ、朝日新聞記者出身)元首相の都知事選立候補観測で官邸が慌て、マスコミを使ってネガティブキャンペーンを展開し始めた。その骨子は、①高齢②小沢シンパ③佐川急便問題ーである。しかし、いずれ ...

続きを読む

東京地検特捜部による徳洲会捜査は猪瀬都知事がターゲットなのか【追記】

東京地検特捜部が医療法人・徳洲会の強制捜査に乗り出し、猪瀬直樹東京都知事が徳洲会側から「借入金」として5000万円受け取っていたことが判明したがこの5000万円、担保も利息もない不思議な借金で、政治資 ...

続きを読む

生活と民主・正統派、連携を―山本参院議員叩きと昭和天皇の「憲法違反問題」(改題)

10月29日に行われた生活の党の「鈴木克昌君(同党幹事長)を励ます会」に、民主党の大畠章宏幹事長が出席し、「(安倍政権は)巨大な与党になったが、鈴木さんと力を合わせて、国民の暮らしを大事にした政治をこ ...

続きを読む

平野貞夫著「小沢一郎謀殺事件」読後感―張本人は「金融帝国主義者」ではないのか

諸般の事情で遅きに失したが、参院選前に刊行された日本一新の会代表・平野貞夫著「小沢一郎謀殺事件」を拝読させていただいた。冷戦後の日本の政治の「真相・深層」を白日の下に晒し、そのうえで生活の党の小沢一郎 ...

続きを読む

デフレ不況脱却なしに消費税大増税を強行する安倍政権―メディアが提灯報道

2013年08月12日のNHK(イヌ・アッチ・ケー)は午後21時の定例ニュースで、消費税大増税恐慌に向けたキャンペーンを開始した。政府と与党幹部の二人を登場させ、如何にも慎重派(段階的税率引き上げ)と ...

続きを読む

麻生財務相のナチス発言の釈明はデタラメ―謀略と政治弾圧による憲法改悪が狙い

麻生太郎財務相が7月29日に、国粋主義者の公益法人である国家基本問題研究会(櫻井よしこ理事長)主催の会合で「憲法改正」のために、「静かにワイマール憲法を変えたナチスの手口を学んだらどうか」とつい「憲法 ...

続きを読む

国の進路憂え、長老政治家たちが作戦会議―高橋清隆氏による

紹介することが遅きに失したが、ジャーナリストの高橋清隆氏によると、みどりの風の用心棒・亀井静香氏の呼びかけで、村上正邦氏や野中広務氏、平野貞夫氏ら長老政治家10人が30日、東京都内のホテルの一室に集ま ...

続きを読む