• 新自由主義と共産主義を超克しよう!

政策提言

「新自由主義の自滅」(菊池英博著)を読んでー21世紀を生き抜く国家観を提示

政治・経済アナリストで日本財政金融研究所の菊池英博氏が2015年7月21日、最新著「新自由主義の自滅ー日本・アメリカ・韓国」(文春新書)を上梓されたので拝読した。本著は、新書版ながら日本における新自由 ...

続きを読む

安保法案=戦争法案の廃案・無効化に向けての提案

集団的自衛権を否定している日本国憲法違反の安保法案=戦争法案が昨日15日、衆院平和安全法特別委員会(浜田靖一委員長)の裁量で強行採決、「可決」された。この法案の本質は、立憲主義を否定してまで国力がほと ...

続きを読む

米国「新保守主義」(ネオコン)の元祖はトロツキスト系左翼知識人

副島隆彦・佐藤優の対談本「崩れゆく世界ー生き延びる知恵」を拝読した。一番、驚いたのは米国で始まった「新保守主義」の創始者達が、ヨシフ・スターリンとの権力闘争に破れ、スターリンの刺客によって惨殺されたレ ...

続きを読む

日本の正しい針路を提示した生活の党・鈴木克昌代表代行・幹事長

日経平均が大荒れになるなどアベノミクス(アベノミクス)という名の新自由放任主義路線の破綻は今や、誰の目にも明らかになっている。実は、自民党内の反安倍勢力(借りてきた猫のようにおとなしくなっているが)だ ...

続きを読む

官僚支配体制新自由主義軍国主義国家への道を明確にした安倍反動政権

安倍晋三首相はこれまで歴代の内閣法制局が展開し、内閣が認めてきた「日本国憲法第9条により集団的自衛権の行使は禁じられている」との解釈を、歴史的敬意を無視し、閣議で「集団的自衛権の行使」を、憲法上も何ら ...

続きを読む

細川陣営、都知事選の大逆転に向けた秘策は「東京電力解体」(週刊ポスト)

週刊ポスト2014年2月7日号によると、細川=小泉陣営の秘策は、東京電力の解体だそうだ。東電はすでに債務超過に陥っており、市場原理に従えば法的整理のところである。安倍晋三政権と甘利大臣の経産省を筆頭と ...

続きを読む

新年以降の展望―天皇制官僚支配新自由主義と共生共栄友愛主義の闘い【加筆】

2013年の大納会の平均株価の終値は、前週末比112円37銭(0.69%)高の1万6291円31銭となり、7営業日連続で年初来高値を更新、大発会の1万688円11銭に比べて年間で52%上昇した。同日の ...

続きを読む