安倍晋三首相と東京電力とのバトルが激しくなった。安倍首相がIOC総会での「Under Control」発言に固執しているからだ。福島第一原発と消費税大増税が恐竜政権の命取りになるだろう。

時事通信社の報道によると、

================================

安倍晋三首相は19日午後、東京電力福島第1原発5、6号機について、東電に対して「事故対応に集中するため廃炉を決定してもらいたい」と指示したことを明らかにした。視察先の同原発構内で記者団に語った。

首相は同原発の汚染水問題について、「国が前面に出て私が責任者として対応していきたい」と強調。「汚染水の影響は湾内の0.3平方キロメートル以内の範囲において完全にブロックされている」と重ねて明言した。 [時事通信社]

================================

誰が考えても、「完全にブロックされている」というのは、黒を白と言いくるめる大嘘だ。東電も首相と口を揃えていないから、 安倍首相は頭に来たのだろう。しかし、5,6号機を廃炉にすると、東電は完全に債務超過に陥る。それなら東電は、裁判所に破産の申し立てを行うべきである。

おすすめの記事