• 新自由主義と共産主義を超克しよう!

日本一新の会

参院選の結果、民主主義からの逃避―民進党「連合赤軍派」に責任

第24回参院選は自公に加え、改憲に賛成するおおさか維新、日本のこころを大切にする党、安倍晋三政権支持の無所属議員を合わせると日本国憲法の改憲勢力が3分の2の多数を占める結果になった。敗北の原因は、①投 ...

続きを読む

「日本一新運動」の原点(324)―「ロッキード国会」正常化の裏に共産党の協力

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観 〇 私の「共産党物語」 10(共産党の協力で、前尾議長は「ロッキード国会」を正常化できた!)「ロッキード国会」の詳細について述べるつもりはない。関心をお持ちの方は7 ...

続きを読む

「日本一新運動」の原点(323)―「角栄ブーム」は小沢一郎をして真の民主政治を実現させようという先行現象

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観〇 私の「共産党物語」 9(本格化する共産党の議会政治体制内政党)昭和49年(1974年)という年は不思議な年といえる。今考えると、その後の日本政治を大きく変えていく ...

続きを読む

「日本一新運動」の原点(322)―ようやく議論となった「憲法九条の法源」

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観〇 私の「共産党物語」 8(共産党が議会政治体制内政党に変わろうとするこれまでの経緯)毎回理屈っぽい話ばかりで恐縮だが、参議院選挙を目前にして、共産党の創造的変化に対 ...

続きを読む

「日本一新運動」の原点(309)―国連正規軍構想と日本国憲法

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観 〇「高知勝手連決起大会」紀行記 2 《憲法9条の根本をどう考えるか!》 平成26年7月、安倍自公内閣が「集団的自衛権の行使」について、解釈改憲を決定して以来、昨年の ...

続きを読む

「日本一新運動」の原点(308)

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観 〇「高知勝手連決起大会」紀行記 1 2月27日(土)に高知県の四万十市(旧中村市)で開かれた「高知勝手連」主催の「決起大会」に参加して、約1時間の講演と質問を受けた ...

続きを読む

「日本一新運動」の原点(305)―

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観 〇 沖縄米軍基地移設問題について (1) 2月14日(日)と翌15日(月)、生活の党・小沢一郎代表と那覇市の故翁長助裕氏宅を訪問した後、翁長知事を支える『県民ネット ...

続きを読む

◎「日本一新運動」の原点(304)―「清原報道」で「甘利口利き」隠す自公政権

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観 〇 幻の「寺島実郎首相」擁立論! 2月5日(金)午後6時半から、『週間金曜日』の主催で「創価学会・公明党の行方」と題して、私の話を聞く会が開かれた。私の話というより ...

続きを読む

「日本一新運動」の原点(303)―自民党金権政治の原点

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観 〇 甘利大臣〝口利き問題について〟 (続き) 1月28日(木)午5五時、甘利大臣は「UR口利き事件」について記者会見を行った。私が納得できないのは会見の内容だけでは ...

続きを読む

「日本一新運動」の原点(301)―安倍ファシスト政権支える創価学会・公明党の実態

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観 新年になって世の中が騒がしくなった。株価の激動が不気味だが、安倍政権の閣僚たちは「日本経済のファンダメンタルは健全だ」と、相も変わらず暢気なことを繰り返している。ア ...

続きを読む