植草一秀氏のブログから(RSSの取り込みにより表示)

  • 私たちはコロナにどう対応するべきか安倍内閣のコロナ対応は「三ミス」と表現できるものだった。 「三ミス」とは 1.コロナ軽視 2.コロナ戒厳令 3.検査忌避 である。 コロナ軽視は台湾政府の対応を比較すると鮮明だ。 台湾政府は昨年末に武漢市の異変を把握した。 ただちにWHOに警戒の情報を伝達するとともに感染拡大予防措置を実行した。 中国政府が武漢市を封鎖したのは1月23日。 台湾政府はこの日に武漢市からの入境禁止措置を取った。 これ … show more
  • 共産含む野党共闘が自公に勝つ「自民党に公明党」なのだから「立憲民主党に共産党」で何の問題もない。 公明党や共産党が単独で政権を保持するとなれば大多数の国民が反対するだろう。 しかし、その可能性は存在しない。 そもそも自民党は公明党を目の敵にしていたのだ。 自民党内組織を母体として創設された「四月会」による創価学会攻撃は熾烈を極めた。 「四月会」と命名されたのは「死・学会」の意味を掛けているとも見られている。 「公明党と創価学 … show more
  • 「国民のために働か内閣」コロナへの対応が二つに割れている。 最大の警戒を払う人々が多数存在する一方で、「コロナはただの風邪」と判断して積極的に濃厚接触を行う人々も存在する。 日本国憲法に 第十九条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。 との条文が置かれているから、各個人がいかなる思想及び良心を保持していても、それは尊重される必要がある。 ただし、日本国憲法には 第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命 … show more

新着記事
高水準のコロナ感染確認者続く−真逆の「コロナ禍対策」に対抗する「政策連合」形成急務(12日の感染確認者数など加筆)
新型コロナ新規感染確認者、首都圏を中心に全国的に拡大加速−厚労省クラスター班「今は制御困難」(追記)
感染拡大防止と経済活動再開を両立させる新型コロナ禍への正しい対処法には、現代貨幣理論の理解が不可欠①
9日午後3時で東京コロナ感染者過去最多の224人−首都圏型コロナ発生・拡大の恐れ(追記)
河井克行前法相・案里参院議員起訴も釈然としない検察−「交付罪疑惑」で「本丸=自民党」攻め入るか?
コロナ禍で悪化強まる日本経済−ケインズ理論を正しく発展させた現代貨幣理論による積極財政抜本転換必要
解散9月総選挙10月中旬の公算大か−反安倍陣営は戦争法制破棄・原発稼働停止・消費税減税・積極財政で「政策連合」形成急務
東京都知事選、れいわ善戦−「政策連合」形成不可欠(誤字等訂正・大幅加筆)
Ubuntu20.04で動画サイトを見ることができます!
コロナ感染者急増で関心高まる都知事選−「政策連合」結成への布石打てるかが焦点(追加)
東京都知事選の最大の争点はコロナ禍対策−自粛解除後に感染確認者が急増
Ubuntu20.04でKindleコンテンツを読む
新型コロナウイルス変異し毒性強めて再拡大か−東京選管は投票率上昇に最大の努力を
日銀7月短観大幅悪化、コロナ禍再燃で先行きも不透明−量的緩和よりMMT応用せよ
新たな新型コロナ感染局面に入ったか−日本、第二波の可能性も・MMT視野に抜本的コロナ禍対策必要
東京で変異したコロナウイルスが全国に拡散か−抜本的コロナ禍対策が必要(大幅加筆補強)
年後半は日本崩壊か再生かの重大な岐路に−共生主義とMMTに基づく積極財政で「政策連合」形成を(追記)
波紋呼ぶ広島県町議証言「買収資金は安倍総裁からです」−本丸は「自民党本部中枢」明白に
政府・東京都のコロナ禍対策の支離滅裂さが露呈−世界は緊急事態がさらに深刻化
Ubuntuのインストールについて
検察は「ルビコン川を渡った」−ローマ=自民党本部が「本丸」−解散か総辞職へ
「小池現職候補圧勝」はステマ(誘導)情報−都民は反小池候補に投票集中を
東京都知事選から理念なき野合の「野党共闘」から「政策連合」に
WHO、第二波の可能性指摘し「最大限の警戒」−日本も感染者再拡大傾向
「有効なコロナ禍対策」が都知事選を左右する−小池候補支援の自民に焦り、立憲も苦慮
河井夫妻の公職選挙法違反(買収)容疑逮捕で政権末期、本格化
都知事選大波乱か−河井夫妻の逮捕と小池都知事の学歴詐称の深まりで
河井参院議員秘書に有罪判決、河井夫妻逮捕は18日か19日−都知事選にも重大な影響
令和・山本代表、都知事選参戦−新自由主義に対抗し共生主義打ち出す
東京アラート運用終了後に感染拡大−支離滅裂な小池東京都の「コロナ禍」対策
令和山本代表、週初に都知事選参戦表明か−MMT理論で新自由主義決別の鮮明に(大幅補強)
東京都知事選、小池都知事再選に黄信号か−反小池陣営が一本化で(補充)
コロナ禍に対応した生活支援金について
大規模な財政支援と精密医療の実施が国民の生存権を守り経済活動の再開を両立できる道か−東京都知事選挙を絡めて

高橋清隆氏のブログから(RSSの取り込みにより表示)

  • 感謝(8/27~9/23) 上記期間、以下のご支援を頂きました。心より感謝申し上げます。  皆さまから頂くご寄付が、取材活動の原資です。  少額でも励みになりますので、今後とも応援、よろしくお願い申し上げます。  (姓・名の順)  9月22日M.K様  9月22日K.S様  ありがとうございまし… … show more
  • 国会前で反コロナ集会、「PCR検査は全く当てにならない」と大橋眞氏 新型コロナウイルス対策に反対する国内最大規模の集会が9月21日、国会前で4時間にわたって開かれ、約500人が「新生活様式に反対!」などとシュプレヒコールを挙げた。大橋眞・徳島大学名誉教授は「PCR検査は全く当てにならない」と指摘し、「あのおかしな習慣を世界からな… … show more
  • ホテルで検温拒否した際のやり取り 8月下旬、地方のホテルにチェック・インする際、検温を求められた。それを拒否した際のやり取りの音声を下に添付する。気が向いたら、お聞きいただきたい。  私は東京から来た身だったが、他地域からのGo Toトラベルキャンペーン利用者がいるので、国の定める規則に従っ… … show more

最新の重要トピックス

コロナ禍無為無策の背景に憲法破壊の「敵基地攻撃能力」確保し「国家安全保障政策」大転換を画策−安倍政権(8月7日全国過去最多)
コロナ第二波の襲来で経済の大不況の深刻化・長期化避けられず−臨時国会を早急に開催し野党側は抜本的なコロナ禍対策を(3日状況追記)
?>

マルクスの唯物史観の謎とマックス・ウェーバーの歴史社会学

戦前の労農派と講座派の「日本資本主義論争」で指摘されたように、いわゆるマルクス主義の唯物史観は日本資本主義の発達には厳密には当てはまらない。 また、非西欧社会では「易姓革命」つまり王朝の交代しか起こらず、タルコット・パーソンズの指摘するように「中間帝国」までしかたどり着けなかった。 唯物史観の限界をマックス・ウェーバー=大塚久雄の歴史社会学で解くことができる。


日本古代史と古代朝鮮−騎馬民族説再考


文化勲章受章者・江上波夫の提唱した日本の起源としての「騎馬民族国家説」。あまたの批判にもかかわらず、その支持者もあとを絶たない。 江上の騎馬民族国家説をマックス・ウェーバー=大塚久雄=内田芳明が論じた辺境革命論を援用して、再評価する。



韓国歴史ドラマ「鉄の王キム・スロ」の予告編。古代朝鮮半島南部の加揶諸国は古代日本と深い関係を持っていた。