植草一秀氏のブログから(RSSの取り込みにより表示)

  • ブレる安倍コロナ対応が生む最悪悲劇その場その場で対応がくるくる変わり、国民は振り回されるだけになっている。 状況を見極めるのは難しいことであるから、変化が生じるのはやむを得ない面がある。 しかし、その変化が何に起因しているのかが重要だ。 国民の利益を第一に捉えて政策に変化が生じるのならやむを得ない。 しかし、国民の利益ではなく、自分自身の個人的な利益を優先して政策がコロコロ変わることは許されない。 台湾政府は昨年末の時点で中国の武 ... show more
  • 『朝鮮戦争の正体』ほか孫崎享氏渾身三部作を読む名著『戦後史の正体』(創元社)https://amzn.to/3fwXLji の著者である孫崎享氏が新著を刊行された。 『朝鮮戦争の正体』(祥伝社)https://amzn.to/2OpyqMq 一般には、1950年6月25日に金日成率いる北朝鮮が事実上の国境線と化していた38度線を越えて韓国に侵攻して勃発したとされる朝鮮戦争。 その朝鮮戦争の知られざる真実に光を当てた。 開戦から70年が経過した ... show more
  • 政治の役割は命の選別ではなく命の尊重昨年7月の参院選にれいわ新選組公認候補として出馬した大西つねき氏が配信した動画での発言が話題を呼んでいる。 動画は「#大西つねき #ツネキスト #私が総理大臣ならこうする」というシリーズのひとつとして7月3日にライブ配信された 「『正しさ依存症』とそれを生み出す教育について」 という回。 現時点では大西氏がyoutube動画を削除したため、オリジナルの閲覧は不能になっている。 ただし、monbra ... show more
  • 悲報:安倍内閣がコロナ感染拡大推進に転進安倍内閣はコロナ対策を「集団免疫獲得方式」に転換したことを明言するべきだ。 集団免疫とは社会構成員多数が感染することで感染拡大を収束させるもの。 ウイルスの基本再生産数によって数値は変化するが、社会の構成員の6~7割が感染すれば感染は収束するとされる。 英国は当初、集団免疫獲得の方向に向かったが、断念した。 コロナ感染の致死率が高く、集団免疫獲得は多数の犠牲者を生み出すことを認識したためだ。 安倍 ... show more

新着記事
コロナ感染拡大スピード加速-不思議な日本のPCR検査数(補強のため加筆)
「来年夏までにオリンピック開催」はウソ(補強)
期待しないほうが良い安倍政権の「緊急経済対策」
東京オリンピックは中止に追い込まれるだろう
延期に追い込まれる東京オリンピック、中止も
安倍首相を操っているのは影の総理・今井尚哉首相補佐官
安倍政権、新型コロナウイルス感染拡大隠蔽(暫定投稿)
新型コロナ感染対策専門会議、PCR検査増加には消極的(暫定投稿)
コロナショックで金融恐慌から世界恐慌への最悪のシナリオも-急がれる大規模財政出動(加筆)
1兆ドルの大規模財政出動準備を受けて17日のダウ平均は反発
ダウ平均が史上最大の暴落、金融政策に打つ手なし(暫定投稿)
新型コロナ感染拡大防止の決め手はPCR検査の積極的実施
独裁国家への道切り開く改正インフル特措法可決
ニューヨーク・ダウ平均の急騰、コロナウイルス対策への大規模な財政措置発動で
新型コロナウイルスで株式市場はパニック、各国金融政策から財政政策に移行の準備
WHOがパンデミック宣言、財政政策を中心にあらゆる政策の動員が必要
期待できない安倍政権の第二次新型コロナウィルス感染対策(暫定投稿)
感染者発生数を抑制している厚労省、19日にも自粛解除は矛盾
PCR検査に保険適用でも検査数の増加は期待できない(追加・補強)
新型インフル特措法改正の狙い、非常事態宣言での強権発動
失政で新型コロナ感染を拡大させた安倍政権が特措法改正、非常事態宣言で独裁懸念
根本的に誤っている安倍政権の新型コロナウイルス対策(訂正・加筆)
錯乱状態に陥ったか安倍晋三首相(スイスのロシュ高速商用検査ツール開発の項目追加)
早急に2019年度第二次補正、20年度第一次補正の編成を(加筆強化)
れいわ新選組の次期総選挙公認候補発表の波紋(追加補強)
予算措置を伴わない政府の新型コロナ感染阻止対策は無意味(追記)
ダイヤモンド・プリンス号の感染予防対策は滅茶苦茶
政府の新型コロナウィルス対策、根本的欠陥
2019年第4四半期GDP、消費税増税で年率換算で前期比6.3%大幅減、新型コロナウィルスが景気悪化に拍車(訂正・加筆)
立憲党大会、枝野代表は選挙戦術に終始するだけ
安倍政権の新型コロナウィルス、水際対策失敗で国内対策
安倍政権の新型コロナウィルス感染予防策にWHOも批判(一部加筆)

高橋清隆氏のブログから(RSSの取り込みにより表示)

最新の重要トピックス

解散9月総選挙10月中旬の公算大か−反安倍陣営は戦争法制破棄・原発稼働停止・消費税減税・積極財政で「政策連合」形成急務
年後半は日本崩壊か再生かの重大な岐路に−共生主義とMMTに基づく積極財政で「政策連合」形成を(追記)
話にならない総額31兆9114億円の第2次補正予算案−真水も水増しで確定している国庫支出はたったの10兆円(加筆・補強)
?>

マルクスの唯物史観の謎とマックス・ウェーバーの歴史社会学

戦前の労農派と講座派の「日本資本主義論争」で指摘されたように、いわゆるマルクス主義の唯物史観は日本資本主義の発達には厳密には当てはまらない。 また、非西欧社会では「易姓革命」つまり王朝の交代しか起こらず、タルコット・パーソンズの指摘するように「中間帝国」までしかたどり着けなかった。 唯物史観の限界をマックス・ウェーバー=大塚久雄の歴史社会学で解くことができる。


日本古代史と古代朝鮮−騎馬民族説再考


文化勲章受章者・江上波夫の提唱した日本の起源としての「騎馬民族国家説」。あまたの批判にもかかわらず、その支持者もあとを絶たない。 江上の騎馬民族国家説をマックス・ウェーバー=大塚久雄=内田芳明が論じた辺境革命論を援用して、再評価する。



韓国歴史ドラマ「鉄の王キム・スロ」の予告編。古代朝鮮半島南部の加揶諸国は古代日本と深い関係を持っていた。